病院薬剤師への転職ガイド

病院薬剤師に転職したい薬剤師さんへ

 

薬剤師免許を取得したからには、「病院薬剤師として働きたい」
と考えている人も多いのではないでしょうか?

 

でも、「調剤薬局やドラッグストアから病院薬剤師に転職するのは難しいのでは…」と悩み、
転職を躊躇する人も多いと思います。

 

 

実際、病院薬剤師は人気が高いですし、「なかなか求人が見つからない」
「転職できたけど、ブラックな職場環境で辞めたい」と転職に失敗する例も少なくありません。

 

 

こういったことを聞くと、ますます「病院薬剤師への転職は難しいのかな」と
思うかもしれませんが、結論から言うと病院薬剤師への転職は不可能ではありません。

 

 

しかし、調剤薬局やドラッグストアへ転職するよりはハードルが高く、
気をつけなければいけないポイントがいくつかありますので紹介します。

 

 

 

 

病院薬剤師が人気の理由

 

新卒薬剤師の就職先や転職を考える薬剤師さんの多くが、
病院薬剤師になりたいと考えています。

 

病院のお仕事は大変ではありますが、
薬剤師免許を取得したからには、やはり病院で働きたいという思いのある人も多いと思います。

 

代表的な病院薬剤師の人気の理由を紹介します。

 

 

病院薬剤師は専門性を磨くことができる

病院薬剤師になりたいと考える薬剤師さんの多くが、
薬剤師としての「専門性」を高められることに魅力を感じています。

 

調剤薬局やドラッグストアでは、調剤業務がメインになりますが、
病院薬剤師は抗がん剤など薬物療法において専門性が求められます。

 

 

薬剤師の専門薬剤師制度がありますが、この資格取得のためには実務経験や実績、
一定期間の研修や講習を受け試験に合格することで認定されます。

 

そのため、事実上、薬局やドラッグストアに勤務する薬剤師にとっては取得が難しいと言えます。

 

 

もちろん病院薬剤師になれば専門性がすぐに身につくものではありませんが、
経験を積んでいけば、特定分野の専門性を身につけることが可能です。

 

 

臨床経験が積める

多くの薬剤師が病院薬剤師に求めるものの一つが、
「臨床経験」が積めるということです。

 

実際の現場でカルテを見ることができるのは、病院薬剤師ならではでないでしょうか。

 

 

病院薬剤師は、カルテや投薬履歴を見ることで、
患者さんの治療全体を把握できるというメリットがあります。

 

 

調剤薬局はあくまで、病院からの処方せんに基づき調剤することが主な仕事であり、
患者さんの治療全体を知ることができません。
病院の医師に確認することも、よほどのことがない限り疑義照会などを行うことも稀です。

 

 

治療全体を把握するためには、疾患に関する知識ももちろん必要になります。

 

医師や看護師など他職種と仕事をすることで医療を多面的に見ることができるのも
病院薬剤師の仕事の魅力のひとつです。

 

 

チーム医療に携わることができる

最近は院外処方を行う病院が増え、病院薬剤師は病棟業務などを行う機会が増えてきています。

 

患者さんの薬物治療はもちろんのこと、
院内感染対策など医師や看護師など他の医療従事者とチームで仕事をする
ことも多く幅広い仕事を行うことができます。

 

 

医師から処方提案を求められることもあり、そのような患者さんの治療に
薬学的知識を活かして関わることができるのは病院薬剤師の醍醐味です。

 

もちろんそのためには、医師から信頼されるよう
日々の勉強や人間関係の構築は必要不可欠です。

 

 

病院薬剤師への転職が難しい理由

 

薬剤師に人気の病院ですが、病院への転職の話になると

 

「病院から調剤薬局やドラッグストアへの転職は簡単だけど、
調剤薬局やドラッグストアから病院への転職は難しい」

と言われることが非常に多いです。

 

病院薬剤師の転職が難しいと言われる理由について、紹介します。

 

 

大手の急性期病院は新卒採用がほとんどで競争率が高いため

一般的に病院薬剤師になりたいと考える人に人気なのが、
大学病院や国立がんセンターなど大手の総合病院です。

 

これらの病院は先端医療を担う医療機関であるため、ベッド数、外来患者数なども多く、
もちろん薬剤師の人数も30人など大規模になります。

 

 

こういった病院は薬剤師に人気なのですが、
ほぼすべて新卒採用で、母体となる大学卒業生が就職したり、
病院と交流のある大学の教授の紹介で就職するケースなどがほとんどです。

 

 

そのため、中途採用の枠はほとんどなく、
新卒でも非常勤や契約社員で正社員になれるのを待つ人もいるほどです。

 

このような人気病院への就職が難関なため、
「病院への就職は難しい」と言われる理由になっています。

 

 

中途採用は欠員募集のタイミング次第

人気病院への転職が難しいのは確かですが、で中途採用がまったくないわけではありません。

 

大学病院や大手総合病院は、定期的な中途採用を行うことはまず稀で、
中途採用が行われるのは欠員が出た時に限られています。

 

求人に応募できるかどうかは、欠員が出た時をうまくキャッチできるかによるところが大きいため、
転職難易度が高くなります。

 

 

人気が高く応募が殺到する

大手総合病院は、そもそも「薬剤師に人気がある」うえに「募集人数が1名など少ない」求人です.

 

求人が一般公開された場合、その少ない採用枠に
多くの転職希望薬剤師が殺到するため、倍率が非常に高くなります。

 

そのため、求人情報で求人を見つけたたとしても、採用されるのもまた難関であると言えるのです。

 

 

病院薬剤師に転職する方法

 

ここまでで紹介したように薬剤師に人気の病院薬剤師ですが、諦めるの必要はありません。

 

「やっぱり病院薬剤師に転職したい!」という人に、病院薬剤師に転職するための秘訣を紹介します。

 

 

人気の病院に就職する必要はない

 

先程も紹介したように、「病院薬剤師への転職は難しい」と言われているのは、
大学病院などいわゆる人気病院への転職のことを指しています。

 

中小病院や地方の病院には、薬剤師を必要としているところがたくさんあります。

 

 

もちろん、そういった病院でも薬剤師としての専門性を高めることはできますし、
臨床経験やキャリアを積むことも可能です。

 

 

大学病院などの大手総合病院は、薬剤師に人気が高いです。
確かに様々な疾患に関わることができるため、
研究機関もあるため専門薬剤師を目指す人には理想の環境かもしれません。

 

しかし、夜勤もありますし、ベッド数に対して薬剤師の人数がギリギリの病院が多く
仕事の忙しさは中小病院とは比べ物にならない大変さがあります。

 

 

中小病院であれば、仕事とプライベートを両立しながら働く事ができ、
薬剤師の人数が少ない分、薬剤師の能力が活かせるというメリットもあるものです。

 

 

給料や待遇を求めすぎない

中小病院や慢性期病院ではなく、
「やっぱり急性期病院に転職したい!」という人もいると思います。

 

その場合は、給料や福利厚生などについては条件のハードルを低くするようにしましょう。

 

 

急性期病院は、仕事内容はやりがいのあるものですが、
調剤薬局やドラッグストアなど他の薬剤師の職種と比較すると
年収や待遇面が悪くなってしまうケースがほとんどです。

 

 

急性期病院は、調剤業務以外に服薬指導、治験業務、様々な会議や打ち合わせなど
仕事も多岐にわたりますし、急患や患者さんの急変で残業になることもあります。

 

もちろん入院患者や救急患者もいますので、夜勤勤務は避けられません。

 

 

転職サイトを利用し、欠員募集を見逃さない

人気の病院への中途採用に応募するには、欠員が出たタイミングに応募するということです。

 

欠員が出たタイミングの情報を見落とすことなく入手する方法が、
薬剤師転職サイトのコンサルタントに相談することです。

 

 

病院で欠員が出ると、病院の人事担当者はまず薬剤師転職サイトに求人の相談をします。
そのため、病院の求人情報をいち早く知っているのは、転職サイトのコンサルタントなのです。

 

 

人気病院の求人は一般公開すると応募が殺到するため、
通常はほとんどが転職サイトの非公開求人になっています。

 

そのため、転職サイトに登録しただけでは、求人を見つけることはできません。

 

 

転職サイトのコンサルタントに病院へ転職したい事を伝えておくことで、
求人情報が入った時にコンサルタントから直接連絡をもらうことが可能になります。

 

 

病院薬剤師の求人が出やすい時期を見逃さない

先程もお伝えした通り、「病院薬剤師の採用は欠員が出た時の補充」がほとんどのケースです。

 

どの病院でも年間を通して最も欠員が出やすい時期があり、それは1月〜3月です。
この時期は病院薬剤師への転職の狙い目の時期と言えます。

 

 

その理由は、新卒の内定者が国家試験に落ちてしまい内定辞退し入職できなくなってしまうことがあるためです。
空きポストができるので、急遽求人募集が出やすいのです。

 

 

その他にも、「結婚している女性薬剤師が急に旦那さんの転勤が決まり、
3月末で退職することになった」などで欠員が出ることもあります。

 

そのため、転職サイトには早めに登録しておき、
求人が出やすい1〜3月前には再度コンサルタントに求人情報について
問合せしてみるのが一番確実な方法です。

 

 

複数の転職サイトに登録する

転職サイトによって、つながりのあり求人情報が入手できる病院は限られています。

 

 

○○大学病院の求人は、転職サイトAでしか取り扱っていない場合、
転職サイトBに登録していたとしてもいつまでたってもその病院の情報を知ることができません。

 

 

一つの転職サイトだけで、大手病院の求人をすべて網羅することができないのです。
少なくとも2〜3社の大手薬剤師転職サイトに登録することをおすすめします。

 

 

病院薬剤師の転職に、必ず登録しておくべき転職サイト

 

薬キャリ

 

 

薬キャリを運営するエムスリー株式会社は、
医師20万人以上が登録しているポータルサイト「m3.com」を運営しています。

 

医療業界に特化したビジネスを長年行っていることもあり、病院や医療機関との強いパイプがあるので、
薬剤師転職サイトの中で最も病院薬剤師求人が多いのが「薬キャリ」です。

 

病院薬剤師の求人は情報収集がカギを握っていますので、
どこか一つを登録するなら、まず「薬キャリ」は必須の転職サイトです。

 

「薬キャリ」は、高額年収求人など好条件の病院薬剤師求人も多いため、
同じ求人でも好条件で転職できることもあるため、登録しない手はないと言えます。

 

⇒「薬キャリ」の無料登録はコチラ

 

ファルマスタッフ

 

 

こちらは、「日本調剤」が運営する薬剤師転職サイトであり、
元々は調剤薬局の求人を中心に扱っていましたが、
現在は病院求人数も非常に増え業界No.2の実績です。

 

「ファルマスタッフ」は、コンサルタントがひとりひとりと丁寧なヒアリングを行い
希望の転職先を相談できるため、
転職後のミスマッチが少ない信頼できる転職サイトです。

 

 

コンサルタントが求人先に直接訪問し、
職場の人間関係や雰囲気、仕事の忙しさなど細かい情報をヒアリングしています。

 

そのため、「求人企業のメリット・デメリットを具体的に教えてもらえる」と
利用した薬剤師に非常に高く好評です。

 

⇒「ファルマスタッフ」の無料登録はコチラ

 

リクナビ薬剤師

 

 

「リクナビ薬剤師」は、大手人材紹介会社リクルートが運営する薬剤師専門の転職サイトです。
好条件求人が多い非公開求人が全体の75%以上と業界では圧倒的な多さを誇っています。

 

非公開求人は登録した薬剤師のみにしか紹介されないので、
「リクナビ薬剤師」に登録するだけで他では得られない求人情報を入手することができます。

 

転職のプロ集団「リクルート」は、コンサルタントの質やレベルはトップクラス
老舗人材紹介会社のノウハウを活かし、最短3日のスピード転職も可能です。

 

リクルートは企業求人に強いイメージがありますが、
病院薬剤師の求人も業界No.3で幅広い求人に対応できるのも大手企業ならではです。

 

⇒「リクナビ薬剤師」の無料登録はコチラ